Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

スクーリングの影響   通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

おはようございます。

 

Nicoの心の天気は「曇り」

 

Free(小6)は、毎日元気。

今日は、バスに乗って友だちと映画に行くのだとか。

親の付き添いなしで映画に行くのは2回目

自分たちでバスの時間を調べ、計画を立てたようです。

6年生になるとこんなことも出来るようになるのですね。

 

 

Nicoは、小学3年生から不登校

なので、Nicomamaは普通の子の成長のしかたがわかっていません。

Freeをみながらこんな風に親離れをしていくのねって感心しています。

 

NicoとFreeの成長、自立を比べると、小6と高1が同じぐらいな気がします。

不登校で家にいると自立心はなかなか育たないのかもしれません。

常に一緒ですものね。

 

 

スクーリングの影響

 

Nicoは、スクーリングから帰ってきて日に日に元気がなくなり、昨日は一日パジャマで過ごしていました。

それに、お風呂には入れましたが、髪の毛を洗う元気がなかったとか。

スクーリング後にメンタルが不安定になるとは予想していましたが、Nicoとっても辛そうで見ていられません。

 

 

服を着替えられない

髪を洗えない

この二つが出来ない時は、かなり心の調子が悪くなってきている時

心配です。

 

今、Nicoはうつ病の薬を「1錠+8分の1錠」のんでいます。

それを「1錠+4分の1錠」に増量

薬の力をかりて少しでも苦しい時間を短縮しようと思います。

 

 

不登校の子は精神的に不安定な子が多いと思います。

不登校の子は通信制高校に進学することが多いので、通信制高校の子も不安定な子が多いはず。

どう考えても、スクーリングは得られるメリットよりもデメリットのが大きい。

高校を卒業するためにスクーリングへの参加が必須となっていますが、そんなに必要なんでしょうか・・・。

 

ぜひ、スクーリングの見直しをお願いしたいです。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ