Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Nicopapa 「転校させるのもいいかもね。」  通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

今、Nicoは昼夜逆転をしています。

なので、日中は寝ています。

 

Nicoには言えないけど、

NicomamaはNicoが昼夜逆転をしているほうが気が楽です。

日中にNicoが起きていると、

話し相手をしたりで時間をとられることも多々ありますし、

Nicoがリビングでゴロゴロしていると、

テレビを自由に観ることもできません。

スーパーやジムにも行きづらく、行動にも規制がかかります。

 

 

もう高校生なのだからほっておけばいいのですが、寂しいらしい。

出かけていると「いつ帰る?」とlineが届きます。

ゆっくりしていられないんですよね。

 

 

 

Nicopapa 「転校させるのもいいかもね。」

 

N高校のスクーリングは11月5.6,7日だったので、1カ月以上の日が経ちました。

疲れから心が不安定になっていたNicoですが、ようやく元気になってきています。

 

スクーリングの影響は、想像よりも大きかった。

 

 

スクーリング後のNicoの様子から

Nicopapa 「転校させるのもいいかもね。」

と言い出しています。

スクーリングは、年に2回

一年の終わりには単位認定試験もあり、その時も遠方に行かなければいけません。

付き添いも必要なため、Nicoだけでなく家族の負担になっています。

 

 

 

Nico家のそばに通信制高校が一つあります。

そこは、県内でスクーリングをしてくれ、宿泊をしなくて済みます。

なので、通信制高校選びで一番初めに見学に行きました。

その学校への転学をNicopapaは一つの選択肢として考えています。

 

 

⇩ その時の記事です。

www.nicohappylife.com

 

 

見学にいった時のNicoの感想は、

「なんか違う。学校じゃない。お金を回収する目的のためだけに存在する場所みたい。」

と言い、印象は良くありませんでした。

 

 

高校入学前のNicoは、高校生活に憧れがあったと思います。

人との繋がりも少し楽しみにしていたと思います。

 

 

実際に通信制高校に在籍をしてみて、Nicoの考えは変わってきています。

人と繋がりたい気持ちからオンライン通学制にしていましたが、今はネットコースに変更しています。Nicoの場合はですが、人と繋がることで得られるメリットより、デメリットの方が大きいようです。

おそらく今のNicoは、高校の卒業資格をもらうことだけを望んでいるのではないかな。

 

 

スクーリング後にこれだけ長い期間調子を崩すことを考えると、Nicopapaのいう通り、転学もいいのかもしれません。

Nicoには、折を見てNicopapaが提案をしてみるそうです。

 

N高校に慣れてきたところ

転学に興味を示すかはわかりません。

どう考えるかしら?

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ