Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

子供を信じる。 小学生 不登校~

こんばんは。

今日(金)のNicoの心の天気は、「曇り」でした。

うつ病の薬のお陰で、元気になってきていましたが、今日は少しだけ寂しく感じているようでした。

でも、元気な方です。

 

今日は、あまり疲れさせると良くないなという思いもあり、出歩かず漫画をレンタルして読んで過ごしました(^-^)

仲良く二人で「暁のヨナ」を読んでます。

 

子供を信じる。

 

 子供のことを信じているけど、信じられずに、ふと不安に思ったりすることってないですか?

私は、よくあります。

 

Nicoを信じてるけど、信じられない。

Nicoを信じたいけど、信じられない。

難しいです。

 

私は、今日も1日の中で、この先どうなるのかな?と不安になった時間がありました。

来年は、6年生。

学校行ってなかったら、卒業式とか行けないのかな?中学の入学式は?とか余計なことが頭に浮かぶ浮かぶΣ(゚Д゚)

このまま、Nicoと家で過ごしていて、どうなるの?

こんな毎日に意味があるの?

 

私の良いところは、ある程度考えると脳が疲れて考える事を拒否します。

「ま、いっか。」と放棄することが得意なんです。

私は、小学4年生のころ、お友達の女の子に言われた言葉を今でも覚えています。

Nicomamaの友「いつも、まーいいやんばっかり言って、もっと真剣に考えてよ!!」

と怒られました。

怒られた原因は忘れましたが、衝撃的だったので覚えてます。

 

このセリフ、実はNicoにも言われ怒られたことがあります。

今思い出すと、私の友達も本の好きな子でした。

それに、二人とも真面目で几帳面でした。

 

日中は考えることを放棄しましたが、夜になってNicoの立場になって考えてみました。

 

私が勝手に考えたNicoの思い

不登校になって、もう、自分はみんなと同じように、毎日学校へ行けないんじゃないか?自分は中学になっても、高校になっても、大人になっても、家から出られないんじゃないか?

Nicoは、みんなと同じように出来ないことが、一種のトラウマになっていると思います。

Nicoはたまに

「元の自分に戻りたい。みんなと同じようになりたい。」

と言うことがあるんです。

 

自分を信じられないNicoに自分を信じさせるには、親である私、PapaがNicoを信じている、Nicoは大丈夫だと強く思い続けるしかないのだと思います。

 

もちろん、私の心はいろんな感情に囚われ揺れますが、Nicoを信じているところに必ず戻ればいいんじゃないかな?と思います。

 

明日は、忙しいのでブログお休みします。

良い週末をお過ごしください。

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村