Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

不登校 兄弟への連鎖 ~小学生 不登校~

こんにちは。

今日は朝から困ったことが起きました。


Freeが朝の4時半に起きて、何だか少し元気がない様子なんです。

 

不登校  兄弟への連鎖 ~小学生 不登校~

 

兄弟に不登校の子がいると不登校になりやすいと聞いています。

適応指導教室にも兄弟で通っている子たちがいます。


なので、Freeがいつか「学校に行きたくない。」と言い出すかもしれないと思っていました。


 

いつも元気なFreeが、今朝「僕、学校をお休みする。」と言い出しました。


 

Nicomama「どうしたの?何かあった?」

Free「行きたくない。お休みしたいだけ。」

Nicomama「ママは、今日、お仕事だから、Nicoと仲良くお留守番できるならお休みしてもいいよ。」

 

おそらく、Freeは学校で嫌なことがあったわけではないと思います。決められたことをこなす学校が、つまらなく思えたんだと思います。



熱もない、風邪もひいていない、そんな理由で休ませるなんて親としてどうなのか?と私自身もそう思うし、思われて当然だと思います。


 

Freeのように不登校の兄弟がいる子どもは、元気にみえるのに学校をお休みしているNico、学校を休んでいても親からも先生からも注意もされない、怒られない、むしろ優しくしてもらっているNico、好きなことだけをして過ごしているNico、そんな兄弟の姿を毎日みています



自分だけ、何で頑張らなきゃいけないの?と思って当然だと思います。



なので、Freeが「学校へ行きたくない。」と言い出した時の私の対応は「Freeの決定に口出ししない」と決めていました。

 


なので、私は口出しをしませんでした。そのかわり、お弁当を置いて、いつものように仕事に出かけました。


 

これからどうなっていくのかはわかりませんが、なるようになるはずです。


Freeに任せてみます。

 


学校をお休みしたFreeをみたNico

 

Nicoは、不登校仲間ができて、とても嬉しそうです。お留守番の間もずっとFreeとボードゲームをして遊んでくれていたようです。


Nico 「私がいるから、Freeは疲れたとき、嫌なことがあったときに、無理せず学校を休めるね。私も役にたってるね。」


Nicomama「うん・・・そだね・・・。」

 

Nicoは、物事を悪い風に考える傾向があるのに何でそこはポジティブ?謎です。 

 

 

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村