Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

3歳健診 視力検査に注意 スルーされることがあります。

3歳児健診はもうお済ですか?

私は、Nicoの3歳健診の視力検査で大失敗をしてしましました。それは、取り返しのつかない失敗です。今でもその失敗が響いています。

3歳健診 視力検査

子供が3歳になると保健所から視力検査用のアンケートとランドルト環が送られてきて、3歳健診までに家庭で視力をチェックをします。

我が家の住む市では、3歳健診で片眼ずつ0.5に相当する輪の切れ目が見えたかどうか、保健師さんからの聞き取り調査があります。そこで、見え方に不安がある子、見えにくかった子は別室に移動し保健師さんが視力検査をしてくれます。

 Nico(H25年度)の時の流れなので、現在とは多少違うかもしれません。

Nico(3歳)の家での視力検査

両目では普通に輪の切れ目が見え、切れ目の方向を指さし出来ていました。片目を隠して検査をしようとするとNicoは怒りました。

Nico「なんで目を隠すの。やりたくない。」

とかたくなに言い張り、指さしもしてくれません。

何日か経って、機嫌のいい時を見計らって何度も検査をしても同じで、両目でしかしてくれませんでした。

なので、健診までに片目での視力検査は出来ませんでした。

3歳健診 保健師さんの視力検査

保健師さんに家庭では両目でしか視力検査が出来なかったことを伝え、別室で視力検査をしていただくことになりました。

保健師さん「Nicoちゃん、輪っかが開いている方を指さして。」

Nico「片目でやりたくない。見えるもん。」

保健師さん「じゃ、一度、両目でしてみようか?」

Nico「いいよ。」

両目では問題なく見えていました。そのあともNicoは、片目での視力検査を拒み出来ませんでした。

保健師さんからのお話では、「ちゃんと見えてるし問題ないと思いますよ。片目を閉じられるのが嫌なのかな?」という感じで終わりました。

 その時、私もそんなものかと思ってスルーしてしまいました。

小学校入学前の就学前健診

幼稚園の年長さんの夏休み前に、幼稚園の先生による視力検査があります。

視力検査の結果について、先生からお話がありました。

「Nicoちゃん、片方の目が全く見えていないみたいです。すぐに眼科にいってください。」

先生からこのお話を聞いたとき、私の視界が急に狭くなって、足ががくがくと震えたことを覚えています。

 

眼科での検査  診断(H24年NIco年長夏)

 正しい診断名は忘れてしましました。

「不同視弱視、遠視、乱視」

視力  右1.0         左 0.08 

遠視  右+0.5     左 +6.5

 

「弱視」とは、眼鏡で矯正しても視力がでない目のことを言います。 裸眼視力が0.1以下であっても、眼鏡やコンタクトレンズで矯正して1.0以上の視力がでれば「弱視」ではないそうです。

不同視弱視というのは、片方の目が、より強い遠視になっている場合に、高い確率でおきる症状です。片方の目の遠視が、より強い子供(Nicoの左眼)は、遠視が強いほうの目が、よりぼやけて見えます。なので、良いほうの眼だけで見てしまい、遠視が強いほうの目の発達が止まってしまい、「不同視弱視」になります。

 

不同視弱視の発見が遅れるのは、もう片方の目が見えるために、本人だけでなく、家族、周りの人も気がつきません。我が家もまったく気が付きませんでした。

 

不同視弱視は、3歳までに発見できると、治る可能性が高くなります。

 

3歳では視機能の発達の速度が十分に高い時期にありますので、発見された不同視弱視は殆どが就学前までに、治療が終了して両眼ともに良い視力を得ることができるようになります。しかし就学してから発見されても良い結果を得ることは非常に困難です。どうぞ、お子様の眼の発達を守るために、3歳児眼科検診をしっかり受けてください。

http://heiwaganka.com/column/fudoushijakushi. 

 3歳健診 での振り返り

私は3歳健診について、なぜその検査が必要か?深く考えずに受けました。

検査を受ける意義を自分なりに考え、振り返れば、不同視弱視には気が付かなかったとしても、念のため眼科を受診することが出来たのかなと思います。

自分の子は自分で守ることが大事だと思います。

眼科にはNicoと同じで、不同視弱視の訓練に通っている小学生の子どもがたくさんいました。なので、保健師さんにも見つけにくいものなんだと思います。

 

Nicoが片目を閉じての検査を嫌がったのは、よく見える方の眼を閉じられると見えないことが、家での視力検査の中でわかったからだと思います。Nicoは小さい時から出来ないことがあるとイライラし怒る性格だったんです。見えないことが嫌だったんですね。

 

今のNico(11歳)の眼の状態

眼鏡をかけるのは必須ですが、弱視ではなくなっています。眼鏡をかけて両目1.2見えています。遠視の状態も良くなって右 -0.25 左 +2.25 です。

3歳の時点で気が付いていたら、きっと、小学校入学までに眼鏡ではなくなっていたんだと思います。

眼の成長は8歳までと言われていますが(ネット上で)、Nicoは10歳になってからも遠視がかなり良くなりレンズを作り直しました。

ただ、一つ問題が起きてしまいました。遠視が軽かった良かったほうの眼が近視になったんです。なので、奇跡的に左目の遠視が治ってもNicoは眼鏡です・・・。

上手くいきませんね。

   

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村