Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

修了式 ~小学生 不登校 ~

 

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日は小学校の修了式でした。 

もう、4月からNicoは6年生、Freeは2年生です。

あっという間に1年が過ぎました。

 

  

Nicoは修了式に登校出来たのか? 

 

 

残念ながら、行くことは出来ませんでした。でも、Nicoは学校に行けないことで、落ち込んだり、がっかりしたりもせず、普通に1日を過ごせました。


それだけでもすごい成長です。

 

Nicomama的には、最後に登校できると良かったかなという気持ちはありますが、そこはNico自身の問題なので仕方がないですね。

もちろん、親として焦る気持ちはありますが、Nicoは精神状態が悪い時から少しずつ良くなってきて今の状態にいます。ゆっくりゆっくりと進んでいけたらと思っています。

 

 

Freeから得た情報

 

Nicoがお世話になっていた教頭先生と養護の先生が他の小学校に移動になったそうです。

 (ー_ー)!!


Nicomamaがもっとも心配していたことが起きてしまいました。

 

担任の先生も変わるので、Nicoに関係していた先生がすべて変わってしまいます。


その話をFreeから聞いたNicoは

「私、6年生になっても、学校に行かない。」

だそうです。

 

そして、夜になり

Nico 「あっと言う間に一年が過ぎてしまった。私、何にもしていないよ。このまま、何もしないで、おばあちゃんになって死んでしまう。どうしよう?」

「やりたいこと何にもしてないよ。」

と泣いて泣いて、泣き疲れて寝ました。

 

きっと、先生の移動が悲しかったんでしょうね。

 

Nicoは教頭先生、養護の先生、5年生の担任の先生が大好きでした。

学校には行きたくないけど、先生には会いたいといつも言っていました。


Nicoの心がこんなにも揺さぶられるのは、素敵な先生に恵まれていた証拠です。


来年もNicoのことを真っ直ぐな目で見てくれる先生に当たるといいな。

 

  

ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ