Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nico 「何も出来なかった頃に戻るのが怖い。」~小学生 不登校 ~

 

 

おはようございます。

 

Nicoは、今朝3時半に目が覚めて起きていたようで、今(7時)は、二度寝中です。

今日は、Nicoが希望する私立中学のイベントに参加する予定です。

 

 

Nicoが楽しめるといいな。

 

 

Nico「もとの状態に戻るのが怖いよ。」

 

Nicoは、最近、夜寝るときになると調子が悪かった時を思い出すようです。

 

 

自分の部屋に眠りにいったはずのNicoが、Nicomamaの寝室に来ました。

 

 

Nico 「寝ようと思ったら、急に、昔の自分を思い出した。あの時みたいになったら怖いよ。もとに戻ったらいやだよ。」

とポロポロ泣いています。

 

Nico 「頑張って中学校に入れても、また、調子が悪くなっていけなくなったらどうしよう?」

「何にも出来ない自分に戻ったらどうしよ。こわいよ。」

 

 

なんと答えるのが正解なのかわかりません。

どうしたらいいのでしょう?

 

Nicomama 「そうだね。そうだね。」

「調子が悪くなったら休んだらいいだけだよ。Nicoがやりたいこと、なりたいものは中学にあるわけじゃなくて、その先にあるんだから、休んでも大丈夫。いろんな道をその時々で探したらいいんじゃないかな(^^♪」

 

 

不登校の子はさぼっている訳ではない。

 

 

Nicomamaは、Nicoが元気になってきてつくづく思います。

 

 

 

不登校の子はさぼっている訳ではない。

むしろ、苦しんでいる。

 

 

学校へ戻そう、勉強をさせよう、規則正しい生活をさせよう、とするよりも、危うい不登校の子の心に寄り添うことが必要だと思います。

 

 

Nicoは、今、自分自身で学校へ戻ろう、戻りたいと考え、勉強をし、規則正しい生活に近づこうとしています。

 

 

そんなNicoは、「何も出来なかったころの自分に戻ること」におびえています。

 

 

Nicoの心が、穏やかに過ごせる毎日がくるといいな☆彡

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ