Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

適応指導教室へ通室する提案をした結果 ~小学生 不登校 ~

 

こんにちは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

塾の夏期講習の2クール目(月・火・木・金)が始まりました。

 

不登校の子にとって、お休みを挟んだ月曜日という日は、特別な曜日です。

エンジンがかからない、勇気が出ない曜日です。

Nicoは、出発前に少しイライラして、周りに当たっていましたが、気持ちを立て直して無事に塾に行くことができました♪

 

 

Nico(小6)は、不登校になって3年が経ちました。

少しずつ前に進み始めています。

 

 

中学へ通う練習

 

 

Nicomamaは、不登校のNicoが、中学生になり、いきなり学校へ行けるようになるとは思えません。

 

 

そこで、適応指導教室へ2学期から、週に2回程度、曜日、時間を決めて通室してみてはどうかな?と考えていました。

 

 

👇 こちらに、その流れが書かれています。

www.nicohappylife.com

 

 

 

適応指導教室へ通室する提案をした結果

 

 

Nicoは、乗り気ではないようでした。

 

よくよく話を聞いてみると、中学への練習が嫌なのではなく、適応指導教室に行くこと自体が不安なようです。

 

 

Nicoは、適応指導教室へ通室していた時もありました。

でもそれは、4年生のころです。

先生も少し入れ替わり、通室している子も変わっていると思います。

いきなりは無理ですよね・・・。

 

 

Nicoと相談し、通室時間ではなく、予約をとって、時間外に先生とふれあう事から始めることにしました。

 

 

時間外と言っても、通室になれるための用意された時間で、先生の仕事の枠の中です。Nicoは、3年生の時もその体験?カウンセリング?プレイセラピー?から、始めてもらいました。

 

 

早速、適応指導教室へ連絡をしました。

予約は、9月の新学期から受付開始だそうで、まだ日程は未定です。

 

 

適応指導教室の役割

 

不登校の子で適応指導教室に通室出来ている子は、すごく少ないと思います。

Nicoも通っていた時期は、すごく短いです。

 

 

でも、適応指導教室は、ふとした時に思い出す・心のよりどころのような場所です。

存在しているだけで意味ががある、存在していることが役割であると思います。

 

 

NicomamaもNicopapaも、「Nicoが中学生になっても、学校に行けなかったら、適応指導教室に通えばいいよね。」と心の中で思っています。

 

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ