Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

中学校の先生の家庭訪問 ~完全不登校中2~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日のNicoは、久しぶりに適応指導教室へ行きました。

Nico 「楽しかった。○○先生がいなくなって新しい先生に変わってたよ。最近

、先生の入れ替わりが多い気がする・・・。嫌だな。」と少し寂しそう、不安そうに話していました。

適応指導教室へ通っている子は、変化に敏感、弱いです。

先生方の移動は仕方のないことだとは理解はできますが、どうにかならないものなのでしょうか・・・。

 

中学校の先生の家庭訪問

 

Nicoは、この春、私立中学から公立の中学へ転校しました。

転校といっても不登校続行のため、生活は変わりません。

 

 

始業式のあった日に早速、新しい担任の先生が家庭訪問に来てくださいました。

とてもベテランな先生で、NicoもNicomamaも安心して話ができました。

 

Nicoの希望通り、クラス名簿に名前を載せていないこと、座席を用意していないことなどの話がありました。

あと、PTAに加入するかどうかの確認もありました。

Nicomamaは、過去記事にも書きましたが、PTA役員をする必要があるのはPTAに入っているからだと思うので、先生に加入しないと告げました。

 

先生からは、「そうですね。PTAに入ると役員の問題も出てきますしね。」

と理解をしめしていただけました。

スムーズに話が進んで良かったです(^^♪

 

👇過去記事です。よろしければ。

 

 

www.nicohappylife.com

 

先生からは、「学校に来ることが出来なくても、いろんな出会い、つながりが出来てくよ。○○中学には、不登校の子いっぱいいるから、適応指導教室で同じ中学の子と会って、友だちになったりできるよ(^^♪」

とNicoに笑顔で話されていました。

 

先生が帰った後、Nicoは、「○○先生、良い先生だった。安心して話が出来たよ。当たり先生だね。」

と嬉しそうに話をしていました。

 

NicomamaもNicoと同じ感想です。

不登校であることを受け入れてもらえて安心しました。


不登校続行での転校、迷いましたがやってよかったです。毎月の無駄な学費の負担がなくなり、気持ちが楽になりました。

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

  鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ