Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

自分の子も同じ立場になる可能性があるニュース

 

おはようございます。

 

Nicoの心の天気は、「晴れ?」予報です。

 

昼夜逆転をしていたNicoですが、睡眠時間を削ってなんとか自力でもとに戻そうとしています。

なので、今日は朝の8時に起きてきました。

Nico 「お昼寝をせずに頑張るよ。」

と話しています。

 

 

 自分の子も同じ立場になる可能性があるニュース

 

 

 Nicomama気になるニュースを見つけました。

ご存知ですか?

 

中学1年の男子生徒2人が「火遊び」をして工場が全焼したニュース。2人はパレットにできたハチの巣に殺虫剤を噴霧しました。この時、スプレーの霧に火を付けたそうです。

 

👇詳しくはこちらを。

news.yahoo.co.jp

 

 

このニュースで気になるのは、子供の興味、好奇心が悪い方向に働き、火事につながったことです。きっと、放火するつもりなんてなかったと思います。

火事が起きている現場で、2人は震えて立ち尽くしていたそうです。

 

 

良いことか悪いことかは別として 

好奇心でハチの巣を燃やしてみたくなる気持ちわかります。

単純に面白そうですよね、やってみたくなりますよね。

 

 

小学校高学年から、中学生って誰でも火に興味をもつと思います。

Nicomamaも小学生のころ火が好きで、灰皿の中でレシートを燃やしたことがあります。

Nicomamaの家には煙草を吸う人がいなかったので、普段はライターを手にすることがなかったのですが、祖母の家に行くと無造作にテーブルの上にいくつもライターが置かれていて、出来心から?楽しく?燃やして遊んでいました。

幸い火事には至らなかったのですが、考えていたよりも火の勢いが大きくなり怖い思いをしたことがあります。

 

 

Freeにも起こり得ることなので、このニュースをFreeに見せました。

そして、興味本位で火を扱うと大変なことになること伝えました。

自分が火遊びをしなくても友達がやり始めることもあるので、その時はすぐにその場を離れて家に帰ることも教えました。

友達の火遊びを止められたら立派でしょうけど、トラブルにつながることもあるためNicomamaはその場を離れることを教えました。

一緒にいたら、やっていなくても同罪だということを強く教えました。

 

 

工場の社長さんは、

「(子供たちが)ここで震えっちゃって見てたんで。子どもたちがやったことなんで…あきらめるしかないんですけど…。正直悔しいですね」

「火炎放射器を作ってと聞いています。子供たちがやったことなんで、まあ諦めるしかないんですけど…正直悔しいですね」

とおっしゃられたようです。

 

 

Nicomamaも同じ気持ちです。

自分の子がその立場にもなりうる事例なので、責める気になれません。

少しでも力になれないか?と工場の再建?に募金をしたいとNicomamaは考えています。

検索しても募金について出てこない・・・。

これからかしら? 

 

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ