Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

11月6日心のクリニック

  

 

こんばんは。

 

昨日、今日のNicoの心の天気は、「晴れ?」でした。

 

Nicoの調子は悪くないようですが、2日ともパジャマのままでゴロゴロとしていました。服を着替えたり、出かけるほどの元気はないようです。

 

金曜日は、心のクリニックの診察の日でしたが、Nicomama一人で行ってきました。

病院へ一緒に行くよう強く勧めたら来てくれたと思いますが、Nicomama一人の方が気楽なので、一人で行ってきました。

 

不登校の子、発達障害がある子は、予定通りに物事が進まないことがたくさんあると思います。周りに迷惑をかけてしまっているように感じると思いますが、不登校に対応してくださる医師、先生はそのことをよく理解されています。

なので、気に病む必要はないとNicomamaは思います。

感謝だけしましょう。

 

 

11月6日 心のクリニック

 

ジェイゾロフトを増量してから2か月のNicoの様子「元気にしている。楽しそうにしている。」ことを話してきました。

 

 

Nicomamaは、Nicoの気分が周期的に変わるため、もっと気分を安定させることは出来ないのか?を相談しました。

気分のムラが周期的にあると、社会生活を送るのは難しいと感じているからです。

Nicoは、気分が落ち込む周期になると、2か月程度何も出来なくなります。

 

 

心の先生の見立てでは、Nicoは双極性障害ではなく、発達障害で感受性が高く、そのせいで気分のムラができるとのことでした。

双極性障害だった場合は、気分を安定化させる薬(炭酸リチウム)をのんだ方がいいようですが、Nicoは違う可能性があるため必要がないみたいです。

 

 

気分のムラをどうすればいいのか?解決策は見つからずに診察は終わりになりました。

うーん、Nicoの成長を待つしかないのかしら・・・。

 

 

元気になってからのNicoは、「やっと、時間が普通に流れるようになったよ。」と話しています。

 

 

調子の悪いときのNicoの時間の流れは、普通の人と違うそうです。

1日はとても長く感じるが、1か月、1年があっという間。

 

Nicoだけでなく、不登校の子、気分が落ち込みがちな子は、みんな時間の流れが違うように感じているのかもしれません。

 

Nicomamaも高熱があったり、胃腸風邪にかかっておう吐をしていた時は、時間の流れが変に感じたことがあります。

そんな感じなのかな? 

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ