Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

スクーリングへの準備 PCR検査   通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ?」

 

11月5日からのスクーリングに合わせて、生活習慣を整えようと頑張っているNico。

今日の睡眠は、お昼の12時から20時までの予定

毎日2時間ずつ就寝時間を後ろにずらしています。

 

スクーリングへの準備 PCR検査

 

今日は、全国旅行支援を受けるために調剤薬局でPCR検査をしてもらいました。

 

鼻からの検査を怖がっていたNicoですが、唾液でした。

しかも、車の中に乗ったままで降りる必要なし

渡されたチューブに唾液をいれて、渡して終了

 

唾液を絞り出すのに時間が少しかかりましたが、かかった時間は10分程度

とっても簡単、しかも有難いことに無料

検査結果は、明日の夕方にメールで通知が届くそうです。

 

スクーリングへの準備が着々と進んでいます。

Nicoは、スクーリングへ行くことを不安に思っていますが、今のところ行けないほど悪くはない様子。

 

 

スクーリングを不安に思っているFree(小6)

 

NicoとNicomamaが、3泊4日でスクーリングへ行くことを一番不安に思っているのはおそらくFree。

 

1カ月ほど前から、スクーリングの日を気にしています。

 

Nicopapaは、子どもとは遊んでくれますが、自由な人

人に合わせたりするのは苦手?そうしようとしない人

 

朝は、6時50分に起き、7時には出勤します。

朝ご飯も食べなければ、リビングに顔を出すこともなく、自分の部屋からそのまま玄関へ直行

「行ってきまーす。」と言い残しバタバタと出ていきます。

 

仕事からは6時には帰りますが、ごはんの時間まで自分の部屋にこもるか、ガレージで趣味の釣り道具を磨いたり、バイクを整備したり、気ままに過ごしています。

ご飯を食べた後は、釣具屋さんへ行き、21時ごろ帰宅します。

夜中は、夜釣りへ行くことも多々あります。

もう、あきれるぐらい自由に過ごしています。

 

つまり、いつも通りの過ごし方をNicopapaがすると、Freeはリビングで独りぼっち。

 

 

Nicopapaの仕事は、営業でかなり融通が利くため、Freeが登校する時間、帰ってくる時間に家にいることは可能です。

でも、それ以外の時間をFreeの側にいてくれるかといえば不明

 

学校の宿題、公文の宿題

ひとりで出来るとは思いますが、いつも「そろそろ宿題をしたら?」と声をかけています。

その声かけはNicopapaには期待できません。

 

他にも、お風呂の準備、寝る声掛け、ゲームの時間の管理

不安なことがいっぱい

いろいろNicopapaに指示を出したいところですが、やめました。

 

男二人に任せることにします。

 

Nico 「パパと2人で家にいるなんてFreeかわいそう。スクーリングも嫌だけどFreeのがかわいそうになってきた。パパ、Freeのことほったらかしにするんじゃない?」

 

NicoもFreeのことを心配しています。

 

 

Nicomamaの片頭痛

 

10月18日に片頭痛の予防の注射をしました。

 

注射を打って2週間

1日おきに起きていた頭痛は、2週間のあいだ一度も起きていません。

驚きの結果です。

 

頭痛の予防だけでなく、夜も深く眠れるようになりました。

睡眠の質を問題に感じたことはなかったのですが、今まで目覚ましがなる前4時半ごろに自然と目が覚めていました。

歳をとって長く眠れないと考えていましたが、注射を打ってからは目覚ましがなる5時半まで目が覚めなくなりました。

 

片頭痛でお悩みの方は、注射も選択肢の一つと考えてもいいかもしれません。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ