Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校 高校を卒業するのは厳しい。  通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ?」

 

Nicoは、スクーリングに合わせて生活習慣を整えようと頑張っています。

つい先日までは、少し早起きして寝る時間を前にしていこうとしていました。

でも、寝つきの悪いNicoにとって早く眠ることは難しく上手くいきませんでした。

 

そこで、今は眠る時間を2時間ずつ遅くしていくことにしています。

今日は、眠たいのを朝の10時まで我慢して、今寝ています。

起きるのは夕方の18時予定。

1日2時間ずつ眠りにつく時間を遅くしていって、夜に眠る周期に戻そうとしています。

 

上手くいくといいな(^^♪

 

 

不登校 高校を卒業するのは厳しい。

 

Nicoは、小学校も中学校も完全不登校

でも、義務教育だったので1日も登校しなくても卒業できました。

 

それが、高校になると

Nicoの場合、通信制高校なので毎日の登校はありませんが、毎月のレポートの提出と年に2回スクーリングに参加をしなければ卒業できません。

 

レポートの提出は、1日30分も勉強していれば終わるような内容です。

締め切り前に焦ってやっても2日で終わるような内容

それほど大変ではありません。

 

スクーリングも前期に3日間、後期に3日間と授業に出席さえすればクリアできる内容

 

レポートとスクーリングどちらも、Nicomama、普通の子からみると、簡単、楽勝でクリアできるように思える内容です。

 

 

それが、不登校だったNicoにはとっても難しい。

高校を卒業することがこんなにも難しいとは思いませんでした。

 

通信制高校は、今では不登校の子の受け皿となっています。

不登校の子に、直接対面して受ける授業=スクーリングを求めるのは厳しいのではないでしょうか?

卒業の条件を緩和していただけるとありがたいなとNicomamaは思います。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ