Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

娘が不登校になって 発達検査をうけました

 

小学5年のNicoが、3年生から不登校になって2年3カ月いろいろなことをやってきました。

 

Nicoが学校に行けなくなって、じっとしていられない私はいろいろな原因を考え始めました。

 

あのころの私は、四六時中、頭から不登校のことが離れず、不安でいっぱいで、押しつぶされそうで、「これっ」ていう答えが欲しかったんだと思います。

 

 アスペルガーを疑い発達検査を申し込むことにしました。


でも結局は、私が答えを出したかっただけで、

それに意味があったのか?

Nicoに嫌な思いをさせたのではないか?

という思いだけが私の中に残っています。


 

 

 発達検査

 

まず、不登校の原因として、娘のアスペルガーを疑い発達検査を受けさせました。

(発達検査を受けることが意味がないとは思っていません。結果として、Nicoと私には必要がなかったと感じてるだけです。)

 

Nicoは、一人でいることが好きなタイプ。

 

幼稚園のころは、

砂遊びが大好きで、誰かと一緒にしているような、していないような感じでした。

 

小学12,3年 は、

休み時間は、クラスにある本をもくもくと読んでいたそうです。びっくりすることに、運動場に出て遊んだことは一度もなかったそうです。

 

人と交わらないから、幼稚園でも小学校でも問題になってこないだけで、学校に通っているころから、私は少しNicoのことが気になっていました。

 

なので、家庭訪問のたびに先生からみてNicoはどうですか?

お友達関係で気になることはないですか?

と、聞いていました。

 

どの学年の先生も

「気になったことはない。一人でいることは多いですが、普通にお友達と話をしたりもしています。」

との返答でした。

 

他にもアスペルガーを疑いたくなる特性はNicoには多々ありますが、それは普通の人にも当てはまるものが多く、不登校にならなければ気になりながらも発達検査を受けさせることはなかったと思います。

 

 

 発達検査の結果

 

言語性と動作性のIQに30以上の開きがあり、言語性が優位でした。

 

臨床心理士さんから伺った話では、言語性が優位だと、理解力は高く、頭の中で出来てることが、実際の行動では出来ない、伴わないことが多く苦しい=生きづらい そうです。

 

言語性と動作性に差があるだけでは、発達障害と診断は出来ないそうで、心のクリニックの先生に結果を見てもらいましたが、個性の範疇だと言われました。

 

個性の範疇って、グレーゾーンってことなのかな?と、結局モヤモヤして私の気持ちはすっきりしませんでした。

 

検査を受けてみてわかったことは、アスペルガーだったとしても、個性の範疇だったとしても、Nicoであることにはかわりなく、私たち親のすることは何も変わらないということでした。

 

今となっては、何のために受けた検査だったのかしら?

私は、何がしたかったのかしら?です。

 

Nicoには、発達検査を説明なしに受けさせることは不可能だったので、受ける前に発達障害である可能性も話しました。

 

Nicoはどういう気持ちで私の話を聞いていたのでしょうか?

とても、心配です。

 

 不安だと、いろいろな事を考え行動に移したくなりますが、立ち止まることも必要なのかもしれません。

 

・不登校の原因をさがす

・登校しぶりの原因をさがす

原因さがしをすることよりも、もしかしたら、目の前にいる子どもが、今、何をして欲しいと思っているのかを考えることが、大事なのかもしれません。

 

抱き締めて欲しい、一緒に遊んで欲しい、話を聞いて欲しい、見ていて欲しいなど。

 

ブログを書きながら、Nicoは、今、何をして欲しいのかな?とふと思いました。

明日は、Nicoがして欲しいことをひとつ見つけてみようと思います😄

 

 

ブログランキングに参加しました。

↓記事が参考になりましたら、ポチっと、応援よろしくお願いいたします。

  


にほんブログ村