Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

不登校という時間は必要なものだった。 ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

Nicoは、5月の頭から溜めていた学校の宿題をやり始めました。

2か月分なので、まだまだ時間はかかりそうです。

 

 

不登校という時間は必要なものだった。

 

Nicoは、小学3年の夏から不登校です。

今は、6年生。

家にいる生活が始まって3年経ちました。

 

 

 

まだ、不登校期間は更新中ですが、

「不登校という時間は、Nicoにとって必要なものだったのでは?」 

と考え始めています。

 

 

小学生は忙しすぎる?

 

大人からみると、子ども=小学生は暇そうにみえると思います。

実際、NicomamaもNicoが学校に通っていたころは、子どもって自由な時間がたくさんあると思っていました。

 

 

Nicoが不登校になって、その考えは180度変わりました。

 

 

今は、「小学生って忙しすぎる」と考えています。

将来につながる何かを見つけるには、時間が少なすぎるのかもしれません。

Nicoは、学校へ通っているころ、本当にやりたいと思える夢はありませんでした。

 

 

Nico 「私はやりたいことがない。どうしてないの?」

と将来の夢を書くときには、頭を悩ませていました。

 

 

今のNicoには、将来やりたいことが迷うぐらいあります。

 

将来やりたいことは、いろんな体験を通して、じっくりと追及して、その上で見つかるものなのだと思います。

 

 

(学校へ登校していて、追及できるのがベストだと思います。でも、Nicoにはそれが出来なかった。Nicoにとっては、不登校という時間が必要なものだった。という結論です。不登校=おすすめ・正義ではありません。)

 

 

不登校という時間を支えてくれた人との出会い

 

Nicomamaの心は、今でこそ落ち着いていますが、それはもうひどい状態・荒んでいた時期がありました。

 

Nicomamaの基準でいうと、学生のころ恋愛が上手くいかなくなって振られたときの状態かな(^o^)

何にも手につかない・苦しい・もどかしい状態です。

懐かしい感情ですね。

 

 

 

とりあえず、不登校初期には苦しい状態のときがありました。

有難いことに、そんな苦しい期間から、今も支えてくれている人たちがいます。

 

Nicomamaが、励まされた・癒されたメッセージの一部を、勝手に公開させていただきます(^^♪

ゴメンナサイ!

 

きっと、不登校に悩む方の「力になるメッセージ」だと思います。

 

 

「不登校は、お母さんにも本人にも辛いことかもしれないけど、でも、だからと言ってそれが悪いことではない。」

「今は試練かもしれないけど、学びの時間。」

「人生で起きることは、すべて自分のためになることばかりで計画されている。」

 

 

苦しい状態の中では、メッセージを自分の中で消化できないかもしれませんが、進んだ先にはこのメッセージ通りのことが待っています。

 

今は暗いトンネルの中にいる方も、安心して進んでいってください。

 

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ