Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

不登校だと友達いなくなる?

おはようございます。

昨日は、Nicoのところにお友達が遊びに来てくれました。

良い日でした。

 

不登校だと友達いなくなる?

 

Nico(5年)は、小学3年の6月から不登校です。

不登校歴2年4か月です。

2年4か月ずっと家にいたわけではありませんが、学期の始めなどたまに学校に行く程度でほぼ家にいます。

 

不登校になりたてのころは、いつか友達は先へ進んでNicoのことを忘れてしまうんだろうなと寂しく思ったりしました。でも、不登校でも友達はいなくはならないです。

大丈夫です。

 

友達関係を続けるためには、親も子も不登校ということを引け目に思わない、堂々としていることが大事だと思います。遊び来てくれる子どもも、暗い雰囲気の所には行きたくはないですよね?明るく楽しくしていることが大事です。

 

子どもの心の成長には、最低一人の友達が必要だと聞いたことがあります。

 

そのためという訳ではないけど、Nicoに友達とつながっていて欲しいと思っています。Nicoが前に踏み出せるかどうかも人とのつながりだと思います。

 

Nicoには、一人の友達が今もいます。

その子とは、Nicoが学校に登校している時から、仲がよく週に1、2回ぐらいの頻度で遊んでいました。ただ、Nicoは学校では本をずっと読んでいたため、学校の中で一緒に遊ぶことはなかったようです。

Nicoは本を読むことが大好きだけど、本当はそのお友達と学校でも一緒にいたかった、いて欲しかったんじゃないかな?と思います。

かなり記憶が薄れていますが、私も子どものころに、友達の取りあいなど、切ない、苦しいことがあった気がします。

 

Nicoは不登校になった今も、その子と、月に1回ぐらいと少ないのですが遊んでいます。

久しぶりに昨日遊びに来てくれました。

二人でボードゲームをしたり、パズルをしたり、Nicoの飼っているハムスターを触ったりと、Nicoもお友達もキャッキャと楽しそうにしていました。

 

お友達と遊んでる姿、笑顔、声がきけるだけで幸せですね。

 

そのお友達が帰り際「明日も遊べる?」と聞いてくれました。

さすがマイペースなNico「明日は、科学の祭典にいくから遊べないの、ごめんね。」と即答です。

Nicomama「申し込みしている訳でもないし、行かなくてもいいよ。」とこっそり伝えてもNico「楽しみにしてるから、科学の祭典に行くよ。」との返答でした。

 

やっぱり、Nicoでした。人に合わせないんだな・・・。

 

www.nicohappylife.com

 ※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村