Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(5年生)も皆とは違う生き方をして います。

世の中って不公平 Nicoが思う(1年生)

 

おはようございます。

朝から重たい話題かな?

昨日、3歳健診の時のことをブログに書いていて、Nicoが1年生のころに話していたことを思い出しました。 

世の中って不公平  

 Nicoが1年生 、Freeが2歳のときの話です。

1年生のNicoにはいろんな病気、やっていた事があります。

・喘息

・花粉症

・減感作療法の治療(週1、2回の注射、現在はしていません)

・遠視で眼鏡

・目の訓練 週に2回弱視の期間(幼稚園年長から一年生の途中まで)

 

Freeが2歳になり、眼科で眼の病気(遠視)がないかの検査を受けた時の話になります。検査の結果、幸いFreeには眼の病気がないことがわかりました。

 

Nico「こんなこと思っちゃダメなのわかってるけど、なんで私にばっかり病気があるの?おかしいよね?Freeにも同じように病気があったらいいのに・・・。」

と思い詰めた顔で私に話しました。

 

世の中には、もっと大変なものを背負っている人もいます。

でも、それって正論ですよね?

そんな風に比べても苦しさって減るものじゃないと思います。

 

Nicomama「そうだね。なんでだろうね。そんな風に思っても当然だと思うよ。人は平等じゃないとママも思う。」

Nicoとその時、一緒に泣いた記憶があります。

Nico「やっぱり、Freeに病気がなくてよかったよ。Freeが眼鏡になったら、眼鏡を次々に壊して家が貧乏になっちゃうね。」

 

Nicoが1年生のときと、今1年生のFreeと比べると考えていることの差に驚きです。Nicoは本当に繊細なんですね。

 

※このブログに興味があり、最初から読んでいただける方は、カテゴリーの中の「不登校のはじまり」をクリックしていただけると一番古い記事から読めます。

ブログランキンングに参加しています。応援していただける方は鳥さんをクリックお願いします。

 


にほんブログ村