Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

学校にいると1日が長い。家だとあっという間に1日経つ。 ~ 小学生 不登校 ~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

Nicoは、朝から昨日海で拾った貝殻(洗ったもの)を選別し、初めて拾って名前がわからないものを箱に入れ、おじいちゃんの家にお出かけです。

 

おじいちゃんの家は歩いて5分のところにありますが、Nicoが一人で行けるようになったのは、ここ数日のことです。

 

心が元気になるといろんな事が出来るようになるんですね。


おじいちゃんの家には、詳しい貝殻の図鑑があるそうです。

最近、Nicoは元気のある日が続いていますが、さらに元気に充実した日々を送れるようになってきています。

 

 

家にいるとあっという間に一日過ぎるね。

 

 

Nico 「学校に行っていると一日が長いのに、家にいるとあっという間に一日過ぎるね。」

と言い出しました。

 

元気のないときのNicoは、家にいても何に対してもやる気が出ずに「さみしいよ。」を連呼し、一日が長いと話していた。

 

それが元気が出てきて、一人で外出できるようになってきたら

「家にいるとあっという間に一日過ぎるね。」

「家だと好きなことが好きなだけ出来て楽しいな。」

と貝殻の分類をしながら言いだしました。

 

日々が楽しいのは良いことですね。


あれ?

給食のメニュー眺めてなかった?

再登校するつもりじゃないの?

ですね・・・。

 

 

不登校になってからのNicoをみて思うこと

 

弟のFree(小1)は友達が大好きです。

お友達がいれば暇な時間でさえも楽しく過ごせます。

なので、授業は嫌だけど友達に会えるから学校は好きと言っています。

 

でも、Nicoはお友達には興味はありません.

人に物事を教えられることも好きではありません。

勉強のサポートはして欲しいみたいですが、主は自分であり、自分で調べたりすることが好きです。

 

不登校になって気が付いたのですが、Nicoには学校という枠組みが合わないのだと思います。

 

でも、学校が合わないからって、不登校のままでいいとも思えないし、どうするのがいいのでしょうね。


何が正解かわからないし、選択肢は狭めずたくさんあるほうがいいと思うので、Nicoが学校に行きたいと言い出した時に上手く対処をしていただけるように、学校とは連絡を絶やさずにしようと思っています。

 

最後に、思いっきり愚痴ですが、どっちつかずな状況はめんどくさいなぁ(^o^)

 

 

 

 ブログランキングに参加してます。

鳥さんをクリック👇お願いします (⌒∇⌒)

 


にほんブログ村