Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nico「朝早く起きるようにしないといけないね。」 ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

  

今日のNicoは、朝、9時に起きてきて、公文に行く14時までパジャマで過ごしていました。

 

寒いし、着替える気にならないようです。

 

Nicomamaも学生時代の日曜日は、パジャマで1日過ごしていた日もあったような気がします。

 

不登校の子が、パジャマのままで過ごしてしまうのも理解はできます。

 

 

Nico 「朝早く起きるようにしないといけないね。」

 

 

Nicoが、やっと言いだしました。

 

Nicomamaは、ずっと思っていました。

規則正しい生活をして欲しいという気持ちを、ぐっと我慢していました。

 

 

不登校の子は、とくに予定がありません。

早起きする、早起きさせる理由がありません。

本人に早起きする気持ちがないのに、早起きさせても機嫌が悪くなるだけです。

なので、Nicomamaは、自分から言いだすのをずっと待っていました。

 

 

Nico 「とりあえず、明日から、1時間早く起きるから8時に起こして。」

だそうです。

 

起きられるかどうかは別として、起きようという気持ちに傾いていることがすごいと思います。

 

見守りたいと思います(^^♪

 

 

昨日の塾について

 

昨日は、久しぶりの塾でした。

 

Nicoは、行くことが出来ませんでした。

 

塾へ行こうと宿題をし、準備をし、車に乗りました。

でも、塾の前で車から降りられなかったんです。

 

Nicopapa 「休み明け、久しぶりっていうのは、なかなか行けないものだよ。後悔したり、落ち込む必要はないよ。気持ちの切り替えをする練習だよ。」

とNicoを励ましていました。

 

いつものNicoは、やろうと思ったことが出来ないと、泣いたり、騒いだりをしていました。

 

でも、昨日は、Nicopapaの励ましのおかげか取り乱したりなく、塾へ行けなかった事実を受け止めていました。

 

 

Nicoは、少しずつですが成長しています。

来週の塾はいけるといいな☆彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ