Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

Nicoをコントロールしたい。 ~小学生 不登校~

 

こんばんは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

Nicoは、今日のお昼に祖母の家から帰ってきました。

公文に元気に行くことができ、調子もいいようです。

 

 

Nicoをコントロールしたい。

 

Nicomamaは、この気持ちが芽生えると、思い通りに進まなくてイライラします。

 

 

 

無事に受験が終わりました。

穏やかな日々が続くと思っていました。

でも、Nicomamaは、次のことに目が向いて、心がザワザワしています。

 

自分でも、何でもっとNicoをのびのびとゆっくりさせてあげれないのかと思います。 

こんな次へ次へと考える母親が側にいたら疲れますよね・・・。

 

 

Nicomamaが、次に考えてしまっていることは、中学へ通うための準備です。

いろいろやらなければいけないと思うことが、頭に浮かんでくるんです。

 

  • 自転車で学校へ行く練習
  • お裁縫の練習
  • Nicoの部屋の片づけ
  • 学校の宿題

などです。

 

Nicomamaにとっては、簡単に終わる内容ですが、Nicoにとっては気が進まないから進みません。

 

 

Nicoに指示をだしても、「あとでする。」「やりたくない。」と反抗されます。

上手くいかないだけでなく、たった半日一緒に過ごしただけで、家の中のムードが悪くなりました。

 

 

はぁーです。

Nicoをコントロールしたい気持ちが出てくると、やっぱり上手くいかなくなります。

Nicoに任せておくと、何もやらずに4月を迎えてしまします。

でも、それでも良いのかもしれませんね・・・。

 

 

「中学へ行く練習」は、やらなければならないことではないと考え直すことにします。Nicoが練習をしたいと言い出した時に、対応する・協力するカタチにします。

 

Nicomamaは、すぐに主導権をとろうとしてしまいます。

主は、Nicoでした。

反省です・・・。

 

 

 ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ