Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

うつ病の理解 ~不登校からの再登校~

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は、「晴れかな?」でした。

 

心の状態は悪いような気はしませんが、

外に出たがらない。

勉強が手につかない。

やる気がでない。

感じです。

 

今のところ、睡眠もとれているし、食欲もあるので、それほど心配はいらないとは思います。

気持ちが上がってくるのを待つのみです。

 

 

 

うつ病の理解 

 

うつ病を受け入れる、理解をするって難しいなと改めて思います。

 

昨日、Nicoと一緒に心のクリニックへ行ってきました。

最近のNicoの様子を伝え、医師からは、「心は落ち込んでいるようですが、まだ、心の不調が、体には出ていない状態ですね。体にでないようにゆっくりと過ごすようにしてください。」

と言われました。

 

 

学校の夏休みの宿題も、宿題は出来ないと言うことを学校側へはっきり伝えるよう指示がありました。

 

 

「学校の先生は、簡単に出来る分だけやってもらったらいいと言われますが、この出来る分だけというのはNicoちゃんを追い詰めることになります。できないと伝えることが大事です。 その上で、Nicoちゃんが出来そうな宿題だけやりたければやる感じが大切です。」

とも言われました。

 

 

Nicomamaは、心のクリニックを受診する前は、夏休みの宿題をなんとかNicoにしてもらいたいと考えていました。

宿題が間に合わなくて出来ないかもとは思っていましたが、しないなんて選択肢にありませんでした。

 

 

うつ病を理解する、受け入れるって難しいです。

うつ病が軽度の時は、傍から見ていると、ダラダラしているだけのようにみえます。

家族でも怠けているように見えるのです。

その状態を、学校の先生、お友達に理解し、受け入れてもらうのは難しいですね。

 

 

 

  ブログランキングに参加しています。 

   鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ