Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Nico 新しいことにチャレンジしました。 通信高校1年生

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日も暑い一日でしたね。

 

N高校からスクーリングの日程の変更をしていただけると連絡がありました。

まだ、詳細は決まっていませんが、少し涼しくなった9月を希望してます。

 

 

Nico 新しいことにチャレンジしました。 

 

今日、7月1日は高校生の不登校の子の居場所(○○教室)としての活動が始まる日

 

面談でこの場所が気に入ったNicoは何度も「行ってみたい。」と話していました。

行きたいと思っていてもなかなか動き出せないのが不登校の子

 

活動は10時から始まるため、Nicoは9時に起きる予定でしたが、9時を過ぎても起きてこない。

もう今日は行かない、行けないのかしら?と見守っていたら、9時半ごろ寝坊したと慌てて起きてきました。

そこからもうスピードで準備を始め、9時50分に家を出ることが出来ました。

「行きたい。」という強い気持ちがあったようです(^^♪

 

 

活動に参加する電話連絡も自分で出来ました。

Nico 「支援員さん、私がかけたってわかってないかも。お母さんと思ってるかもしれない。」

Nicoは、Nicomamaよりも丁寧な敬語を話します。

なので、おそらく親からの連絡と思っていると思います。

 

活動には、10時から12時まで参加しました。

予定ではお昼ご飯を食べ終わった13時にお迎えに行く計画でしたが、LINEで12時に迎えに来てと連絡が来ました。

迎えに行くとNicoは口数も少なく疲れ切った様子

 

 

いろいろと話を聞きたいところですが、ぐっと抑えて我慢してNicoが自分から話し始めるのを待ちました。

話し始めたのは、家に帰ってお昼ご飯を食べて落ち着いてからでした。

もう、話す気がないのかもって思っていたらポツポツと話し始めました。

 

Nico 「私、苦手だと感じる人が増えた気がする。性格が悪くなったのかな?今日初めてあった支援員さんがおしゃべりな人で、ずっと話をしてきて聞き疲れた。話を聞きたくないから、それとなく席を移動するとついてくるし。もう困って困って。」

「私、小学校も中学校も行ってないのに学校の話をいっぱいしてくるし。中学校では何部だったの?とか・・・。慣れてないのかもしれないけど、ああいうところで学校の話ってタブーじゃない?おかしいよね?」

とNicoにとって嫌なことがたくさんあったそうです。

 

苦情を入れたりはしませんが、Nicomamaも相手をよく知らない段階で学校を思い出す話はタブーだと思います。あとこれは仕方がないかもしれませんが、支援員さんは聞き上手な人のほうが適していると思います。

 

Nicoの頑張り、良い方向に進まなさそうでとっても残念です。

 

 

ピアノ教室について

 

Nicoは、昨年の12月からピアノを習っています。

習い始めて8か月目

ここ2カ月ほどは行き渋りが出てきて、お休みすることも多々ある状態

 

Nico 「ピアノは楽しいけど、レッスンに行けない自分が嫌だし、落ち込むから辞めようかな?それでもいい?」と言い出しました。

 

Nicomama「ピアノはやらなきゃいけないことじゃないし、辞めることで誰かに迷惑をかけるわけでもない。Nicoが辞めたいと思うなら辞めてもいいよ。ただ、先生には自分の口で辞めることを伝えること、7月中は行けそうなときはレッスンに行くと約束できるなら辞めてもいいよ。」

 

今日がピアノのレッスンの日

失礼かもしれませんが、事前に先生にはLINEで7月いっぱいで退会したい旨を伝えさせていただき、退会の詳しい話はNico本人からさせますと連絡をしておきました。

 

Nico 「ピアノの先生、私の話を聞いてくれた。私がレッスンを休むことを先生は迷惑とは思っていないと言ってくれた。それに家を出づらいのだったら私の家にレッスンに来てくれる方法もあるとも行ってくれたの。なんでそんなに優しくしてくれるのかな?どうしてそんなに人に優しく出来るのかな?」

と泣いていました。

 

Nicoの意思は固いためピアノは辞めることにしますが、ピアノの先生と繋がれたことはNicoにとってプラスだったと思います。

 

Nico 「これからは何かやりたいと思ってもよく考えてから始めることにする。ごめんなさい。」

 

Nicomama 「Nicoは何も悪くないよ。ピアノみたいにやりたいと思ったら何でもやってみたほうがいいよ。そのかわり始めるときも辞める時も自分で手続きをすること。」

 

Nicomamaは、興味があることには何でもチャレンジしたほうがいいと考えています。

何が自分に向いていて、何が苦手か知ることは大事

これからもチャレンジしていって欲しいです。

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ