Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Nico 「我が家からサンタが消えちゃったじゃない。」  通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

最近のNicoは、朝は7時に起きて、夜は21時ごろに寝ています。

短い期間でしょうが、規則正しい生活をしています。

 

 

Nico 「我が家からサンタが消えちゃったじゃない。」

 

Nicoは、小学5年生ぐらいからサンタがいないことに気づいていたそうです。

でも、気がついていることを誰にも言わずに、毎年サンタがくるのを楽しみにしていました。

 

⇩Nicoがサンタの存在に気が付いていたことに驚いた話です。

www.nicohappylife.com

 

Free(小6)は、4年生ぐらいからクリスマスが近づくと

Free「サンタってママなんでしょ?」

と聞いてきていました。

でも、Nicomamaはごまかし続けてきました。

 

そして、今年もこのフレーズが

Free「サンタってママなんでしょ?」

 

Feeeは、もう6年生

そろそろ本当のことを知ってもいい歳ですし、もう知っているのでは?とも思え、ごまかすのをやめました。

 

Nicomama「そうだよ。」

Free「えっ、ママがサンタなの?いったいいつからママがサンタなの?」

Nicomama「いつからって、最初からママがサンタだよ。」

どうやら、Freeは、まだサンタの存在を信じていたようです。

 

 

Freeが、サンタがいないことを知って一番ショックを受けたのはNico

Nico 「我が家からサンタが消えちゃったじゃない。もう、ママ、なんてことをしてくれたの。まだ、まだ、Freeと一緒にサンタが来るのを待ちたかった。」

と怒っていました。

 

自分でネタバレしておいてですが、Nicoがいうように何だかクリスマスの楽しみが一つ減ってしまった感じがしています。

 

あと一年ごまかし続けても良かったかも。

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ