Nico 心の天気 ~小学生 不登校~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から学校に行けなくなり、今(6年生)も皆とは違う生き方をして います。

みんな違ってみんないい ☘ ~小学生 不登校 ~

 

こんにちは。

 

今日のNicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

👇 Nicoがブログを更新しました。お時間あれば(^_-)-☆ 

lapislazuli-hana.hatenadiary.com

 

 

Nicoのブログは、子どもが1人で考え書いています。

そのため、適切ではない表現、他人を傷つけてしまう表現をしてしまうこともあると思います。

 

その辺はご理解をお願いします。

 

 

みんな違ってみんないい。

 

 

今日は、Nicoが、待ちに待った心のクリニックの診察日でした。

Nicoは、心の先生に合うと心が落ち着くのだそうです。

 

 

Nicomamaが、心の先生に言われてハッとした、反省した事柄を綴りたいと思います。

 

 

それは、「みんな違ってみんないい。」ということです。

 

 

小学校でも習う有名な詩「私と小鳥と鈴と 」です。

 

 

 私が両手をひろげても

お空はちっとも飛べないが

 

飛べる小鳥は私のように

地面を速くは走れない。

 

私がからだをゆすっても

きれいな音は出ないけど

 

あの鳴る鈴は私のように

たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と小鳥とそれから私

みんなちがってみんないい。

 

 

 

FreeとNicoを比べている

 

 

Nicomamaは、昨日のブログの内容でも、Free(小2)、Nico(小6)を比べる発言をしています。

多々、比べています。

 

 

もちろん、NicoはNico.、FreeはFreeで、それぞれに素晴らしいところがあると認めています。

 

 

今日の診察で、Nicoが臨床心理士の先生と別室でカウンセリングを受けている間に、心の先生とNicomamaが2人で話せる時間がありました。

 

 

その時にFreeの話になりました。

 

心の先生 「弟さんはどんな子なんですか?」

 

Nicomama 「とても活発で元気です。お友達とコミュニケーションをとるのが上手くて、毎日いろんな子が家に誘いに来てくれます。」

 

 

心の先生 「Nicoちゃんとは、まったく違うタイプなんですね。」

 

「Nicoちゃんには、他の人よりも素敵なところが、たくさんあることを強く伝えていく必要があります。 弟さんを見ていて、きっと、つらいはずです。」

 

「学校、社会、家族は、人とコミュニケーションを上手くとれることを評価する傾向にありますが、本人が、好きなことをしていて、幸せなら、それも同じように立派で素敵なことです。評価されるべきです。」

 

 

心の先生に言われたこと、Nicomamaの心に突き刺さりました。

聞いていて、自分が情けなくて、涙があふれそうでした。

 

 

Nicomamaは、「みんな違ってみんないい。」と思っています。

Nicoのことを、ある意味すごいなと思っています。

 

 

でも、なぜかある意味という言葉がついてしまいます。

心から認めていないのでしょうね。

 

 

Nicomamaは、FreeとNicoを比べる記事を書いてきましたが、きっと、読んでいて不快に思われた方・苦しくなった方もいたことでしょう。 

 

Nicomamaにとって、人を肯定して受け入れていくというのは、とても難しいことです。

 

 

 

 

ブログランキングに参加してます。

 鳥さんをクリック👇お願いします ヽ(^o^)丿

 


にほんブログ