Nico 心の天気 ~不登校からの再登校にチャレンジ~

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNicoは、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジています 。

言い方の違い

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

今日のNico、とっても元気に一日を過ごすことが出来ました。

 

朝は、7時に起きてきて

Nico 「朝ごはんに美味しいものがないかさがしに、コンビニに行ってもいい?」

と言い出し、朝からお買い物に出かけました。

メロンパン好きのNicoは、メロンパン2つと桃ジュースを買って帰ってきました。 

 

Nicomamaが仕事の間に自転車で本屋さんにも行ったそうです。

Nico 「欲しい本がなかった。昼からは違う本屋に自転車でいってみる。」

と話し、夕方にも本屋さんへ出かけていました。

 

少し元気すぎかな(^^♪

 

 

言い方の違い

 

Nicoは、元気のある周期、元気のない周期と2つに分かれています。

 

Nicomamaは、医療系の仕事をしているため、うつ、躁という単語に違和感を覚えず普通に使っています。

でも、Nicopapaは少し違うようです。

 

Nicomama 「Nicoは、今、少し躁の周期に入っているみたいだね。」

 

Nicopapa 「躁って言い方やめない?なんだか可哀想だよ。動の周期、静の周期って言おうよ。」

 

と言われました。

可哀想なのかな?

 

でも、そう感じる人がいるということは言い方を変えたほうがいいのだと思います。

これからは、動の周期または元気のある周期、静の周期または元気のない周期と呼ぼうと思います。

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ