Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校でも子どもが楽しそうにしていたら、将来を悲観せずにいられる。

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」でした。

 

昨日も今日も、Nicoは、一日パジャマのままで家からでていませんが、小説を書いたり、絵を書いたりと楽しそうに過ごしていました。

でも、まだ勉強をするほどのエネルギーはないようで、進研ゼミは6月に入ってから手つかずです。

月謝が・・・。

と気になりますが、出来ないのだから仕方がないと諦めることにします。

 

 

不登校でも子どもが楽しそうにしていたら、親は将来を悲観せずにいられる。

 

 

Nicoは、中学校へ行きません。

適応指導教室へも行きません。

ずっと、家にいます。

家族以外と触れあうことは、まれです。

普通の中学生とは、全く違う生き方をしていると思います。

 

 

Nicomamaは、そんなNicoを見て不安になったり、がっかりしたりするときもありますが、Nicoの将来はというと悲観はしていません。


きっと、Nicoが毎日を笑顔で楽しそうに過ごしているから、Nicomamaは悲観せずにいられるのだと思います。


笑顔って素敵な力がありますね。

 

Nicomamaも、家の中では出来るだけ笑顔でいたいと思っています。

Nico、Freeに笑顔のパワーを与えられたらいいなと思います。

 

 

高校はどうするのかな?

 

今日、Nicopapaがご飯を食べているときに

「Nicoは、高校もうあきらめたの?」

と笑顔でヘビーな内容を聞いていました。

 

Nico「…。」

 

Nicopapaは、それ以上の追及をしなかったので、会話はそこで終了となりましたが、今のNicoは高校について考えたくないようです。

 

少し前のNicomamaは、Nicoが希望の高校に行けるよう、Nicoに出席を稼ぐほうがいいと話し、適応指導教室へ通うことを勧めていました。

そのことで、Nicoは、「適応指導教室に行かなければいけない。」と考えるようになってしまい精神的に追い詰められていきました。

 

適応指導教室は、子どもが行きたいと思った時に行く場所、誰かと触れ合いたいと思った時に行く場所です。

 

 今は、NicoにNicomamaの考えが間違っていたこと話し、適応指導教室へはたまに?まれに?しか行かなくなっています。

 


夜ご飯のときにNicoapaに言われたことを考えていたのか、Nicomamaと2人の時に

Nico 「最近、適応指導教室の存在を忘れてた。久しぶりに行ってみようかな。」

と言い出しました。

 


Nicomamaは、学校、適応指導教室の存在を忘れたことはなく、いつも頭の片隅にありましたが、Nicoはすっかり忘れていたようです(-_-)

 

たまには、プレッシャーを与えたほうがいいのかな・・・。


 

 ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリック👇お願いします (^o^)

 


にほんブログ