Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

社会に合わせるのではなく、自分が出来ることを探す。不登校 中2

 

こんばんは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

Nicoは、昼夜逆転生活をしていますが、とても元気にしています。

Nico 「あー、楽しかった。」「面白かった。」という言葉がちょいちょいでてきます。

幸せを感じられるようになってきています。

 

昨日のNicoは、夕方に2時間ほど寝てしまったので、朝になっても眠たくならず起きていました。そして、15時にお風呂に入りパジャマに着替えて寝ました。

 

「好きな時間に好きなだけ寝る」を実行中です。

 

15時に寝るといつ起きてくるんでしょうね(^^♪

夜中におなかが空くといけないので、お弁当を作っておいておこうと思います。

 

 

 

社会に合わせるのではなく、自分が出来ることを探す。

 

Nicoは、小学3年生のころから不登校です。

もう、不登校になって5年半が過ぎてしまいました。

今は完全不登校ですが、不登校になった3年ほどは学期の始めに3日ほど登校して、再び不登校になるを繰り返していました。

 

繰り返す中で、Nicoはみんなと同じように自分は生活をすることは出来ない、みんなと同じにしなくてもいいのでは?と考えるようになりました。

そして、自分を社会に合わせるのではなく、自分が出来ることを探し始めています。

 

 

今は、まだ将来の道はしっかりとは決まっていませんが、方向性は見えてきているようです。

 

 

Nico 「私は、小説家になりたいとは思わないけど、書くことが好きみたい。そういう仕事ってきっとあるよね。」

と話しています。

 

Nicomamaは、不登校の子、集団が苦手な子にもきっと出来ることはあると思います。Nicoの将来を考えて苦しくなったり、不安になったりすることもありますが、親が悩んでも良い方向に進まないと思うので、出来るだけ普通に毎日を暮らしていこうと思っています。

 

 

 

普通が一番。

 

 

 ブログランキングに参加しています。 

 鳥さんをクリックお願いします (^o^)

 


にほんブログ