Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

Freeの視力 Nicoの脊柱側弯症の経過  完全不登校 中3

 

こんばんは。

 

ここ最近のNicoの心の天気は「晴れ」です。

 

Nicoの心の調子は悪くないのですが、どうやら生理前で体が重いそうです。Nicoはいつも生理の1週間前から気分が落ち込み元気がなくなります。

可愛そうなことに毎月「生理」に振り回されています。

 

でも、今月は気分の落ち込みはなく、体のだるさだけで済んでいます。

PMSを軽くするためにNicoは当帰芍薬散という漢方を飲みはじめています。

飲み始めてまだ2週間なので漢方の効果ではないかもしれませんが、気分の落ち込みがないようで良かったです。

 

来月のNicoはPMSに悩んでいないといいな☆彡

 

Freeの視力

 

Freeは、学校の視力検査でひっかかり4月に眼科を受診して経過観察をしていました。

☟過去記事です。

www.nicohappylife.com

 

 

4月の時は、両目とも0.8でした。

それが今日は、右0.4、左0.6。

 

悪くなっていました。

 

目にいいこと(ガボールアイ)はせず、目に悪いことばかりしてきました。

なので当然と言えば当然の結果ですが、ショックです。

 

目はそれほど悪くなく日常生活に困るレベルではないですが、医師からは普段から眼鏡をかけることを勧められました。

眼鏡をかけることで視力の悪化の進行が抑えられることがはっきりと証明されているそうです。

 

 Free 「普段は見えるし、眼鏡かけたくないよ。かっこ悪いよ。恥ずかしいよ。」「僕、ゲームも制限時間の中でしてきたし、なんで目が悪くなるの?もっと長くゲームしてる子もいるでしょ?不公平だよ。」

と言っています。

 

Nicomamaも不公平なことっていっぱいあるなぁと子育てを通じて思うことが多いです。なんでなんでしょうね・・・。

 

 

 

日常生活に困っていない子、眼鏡を嫌がっている子に毎日眼鏡をかけさせるのは難しいかもしれません。

とりあえず家にいる夏休み中に眼鏡をかけることに慣れてもらおうと思います。

 

 

今日は、眼科で眼鏡の処方箋を書いてもらい、眼鏡屋さんで注文をしてきました。

眼鏡は時間がかかるそうで、Freeの眼鏡デビューは、金曜日からです。

 

眼鏡を試着しているFreeの姿をみて、メガネ男子もなかなか素敵って思っているNicomamaがいました。

 

親バカですね。

 

 

Nicoの脊柱側弯症の経過

 

Nicoは、脊柱側弯症の経過観察で半年に1回大学病院を受診しています。

 

その経過ですが、冬に見てもらった時から湾曲の程度は変わっていませんでした。

急激に悪くはなっていませんでした。

 

医師からは、おそらく成長期も終わっているので急激に悪くなることはないでしょうとのお話でした。ただ、年単位で見ると少しずつ曲がってくるためいつか手術をする必要が出てくるようです。

 

今は、43度の曲がりです。

45度を超えてくると内臓が圧迫されたり、腰痛がひどくなったりで手術が選択肢にあがってくるそうです。

 

Nicoは、医師の話を真剣に聞き質問もいくつかしていました。

 

Nico 「全員が手術になるわけではないですよね。何パーセントぐらいの人が手術をすることになっていますか?」

 

医師 「うーん。50パーセントぐらいかな。」

 

今のNicoは、まだ手術を受け入れられていません。

手術のことを考えると怖くなるので考えないようにしています。

もう少し時間が必要なので、手術が今じゃなくてよかったです。

 

 

 

 👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ