Nico 心の天気 完全不登校6年目

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

不登校になってから出来るようになったこと  通信高校1年生

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

おはようございます!

 

Nicoの心の天気は「晴れ」です。

 

昨日はスクーリングの最終日でした。

12時からのオンライン授業に合わせて、11時半に起床し受講をしていました。

物事はとってもスムーズに進み、無事に終了。

授業中はペンタブを使ってお絵描きに精を出していました(^^♪

生真面目すぎるNicoですが、最近は不真面目も覚えてきました。

良い感じです。

 

 

 

不登校になってから出来るようになったこと

 

ぱっと思いつくのは、「小説を書く」「絵を描く」ことです。

 

 

Nicoは、もともと絵を描くことが好きだったわけではなく、不登校になってから絵を描き始めました。

小学校に通っているころのNicoは、絵を描くことはほぼありませんでした。

休み時間の過ごし方、家での過ごし方は、主に本を読むこと。

絵を描いている姿はあまり見かけませんでした。

 

絵を描くようになったのは、中学生になってから。

小学3年生から不登校でしたが、小説を書き始めたのも絵を描き始めたのも、中学生になってからです。

小学生の頃(不登校)は、本を読んだりしていましたが、よく時間を持て余していて、

Nicomamaが遊んであげる必要がありました。

中学生になったNicoは、時間を自分の好きなことに上手く使えるように成長をしました。

 

 

絵を描き始めたころは模写でしたが、今はオリジナル。

こんなにうまく書けるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

不登校になってからのNico

小説を書いたり、絵を描いたりと、人とは違う成長をしています。

きっと、これからも人とは違う成長をしていくのだと思います。

どんな大人、どんな仕事に就くのでしょうね。

 

 

⇩Nicoが愛用している液晶ペンタブレットです。

 


 

 

 

「ペンタブレット」を購入するときは、本当に必要なものかとっても迷いました。

買ってもそれほど使わないのでは?

上手く使いこなせないのでは?

無駄になるのでは?

と不安でした。

 

 

ペンタブ買ってよかったです。

Nicoが新しことにチャレンジする機会を奪わなくて良かったです。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ