Nico 心の天気 不登校から通信制高校へ

不登校、小児うつ、喘息 について~娘のNico(中2)は、小学3年から6年まで不登校。中学から再登校にチャレンジし再び不登校。

 Nico「一つダメになると全部ダメになるのをどうにかしたい。」 通信高校1年       

 

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校一年生になっています。

Free:小学6年生の弟。Nicoの影響をうけてたまに登校渋りをしています。

 

 

おはようございます。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

昨日は、一カ月ぶりに不登校の子の居場所に行ったNico

月に一回のペースで行っています。

 

 

Nico「一つダメになると全部ダメになるのをどうにかしたい。」

 

 

昨日のNicoは、11時半に起きてきました。

起きてくるなり、「今日は○○教室に行こうかな。」と話し、着々と準備を始めました。

 

着々と準備をしているNicoにNicomamaが余計な一言を言ったため、Nicoは動けなくなりました。

 

Nicomama「12時に行くと先生たちお昼だから、13時から行ったら?」

 

Nicomamaの発言を聞いたNicoは、やる気を失うだけでなく、「じゃ、どうすればいいのよ。」と怒鳴り、パニック。

そこから30分経っても固まったまま、動けません。

他のことも手につきません。

 

 

落ち着いた後、

Nico「一つダメになると全部ダメになるのどうにかしたい。」

と今度は泣き始めました。

 

Nicomama 「○○教室へ行くことをいったん考えるのやめて、ママとカフェに行ったり、ドラッグストアに行って気持ちを切り替えてみない?その後のことはそれが終わった後考えてみたら?」

 

Nico「そうする。ドン・キホーテでネイルをみたい。」

 

 

落ち着いたNicoは動き出すことが出来るようになりました。

以前だったら気持ちの切り替えに半日程度かかっていましたが、最近は1時間と短くなってきています。

成長しています。

 

ドン・キホーテに行った後、そのまま○○教室へ

○○教室では、何かをしたわけではないそうですが、指導員さんとお喋りをして楽しかったようです。

 

Nicoは、中学生になったころから自分の特性を理解してきています。

自分でどうにか上手く対処しようとしています。

日々成長ですね。

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ