Nico 心の天気 小学3年生から不登校

小中と不登校のNicoが通信制高校に入学するも退学。

これからのこと  通信制高校2年      

今までの簡単な経緯

Nico:小学3年生から突然始まった不登校。今は通信制高校2年生になっています。

Free:中学1年生の弟。Nicoの影響をうけて、たまに登校渋りをしています。

 

 

こんにちは。

 

Nicoの心の天気は「晴れ」

 

今日のNicoは少し元気でした。

おそらくスクーリングに行けなかったとはいえ、スクーリングへ行かなければならないという重圧から解放されたから

出来なかったことに囚われて落ち込んでいても仕方がないので、元気なNicoに戻って良かったです。

 

これからのこと

 

通信制高校を卒業するにはスクーリングへ行くことが必須

そのスクーリングへ行けなかったNicoは、これから先のことを考える必要があります。

もちろんすぐにではありません。

今年いっぱいぐらい時間をかけてゆっくりとです。

 

 

それが、Nicoはすぐに決めたいとのこと。

決めないと前に進めないそうです。

一旦、決めたうえで進み、変更を加えていく方法をとりたいのだとか。

 

 

昨日のNicoは一日中どうしたらいいのか?悩んでいました。

 

Nico「高校の卒業資格は取っておいた方がいいと思う。」

「スクーリングに行くのは難しい。行きたくない。」

「大学に行きたくなったら大検を受けて受験するという方法もあるから、無理に通信制高校に行かなくてもいい。」

「どうすればいいの?ママはどう思う?」

 

昨日は、あーでもない、こーでもないを延々と話していました。

 

 

とりあえずの目標

 

今日のNicoは自分の中で目標が定まったそうで、スッキリとした顔をしていました。

朝からNicopapaの実家に顔を出したりと元気

 

Nico「私、勉強は嫌いじゃないから、勉強は続けるつもり。小説をメインにして余力があったら勉強をする。通信制高校も2年生のうちは行けたら行くし、行きたくなかったら行かないことにする。行かなきゃいけないと考えるのはやめる。」

 

「今までとやっていることは変わらないけど、目標は違うの。メインが小説家だから。」

 

「私は家から出ることが難しいから、家で出来る仕事を見つけないと。高校の卒業資格はあったほうがいいとは思うけど、外で仕事をしないんだと必要がないのかもしれない。」

 

 

Nicoの中で目標は定まったそうです。

結局、通信制高校をどうするのか?はよくわからなかったのですが、今突き詰める必要はないので、今年いっぱい見守ることにします。

 

勉強は余力があったらするスタイルだと公文はどうするのでしょうね?

7月から始めた公文ですが、コロナもあってまだ1回しか教室へ行っていません。

高校生の公文の月謝、高いんですけど・・・。

 

公文も今年いっぱいは口出しせず見守ろうと思います。

 

 

 

👇 ブログランキングに参加しています。

クリックよろしくお願いします。 

 
にほんブログ